解体工事を施主手配する流れ

解体工事の流れ

「自分で解体業者を手配するといっても、何をしたらよいの?」という方もいらっしゃいます。

そんな方のために、今回は建物解体工事を施主手配する流れをお話します。

※ハウスメーカー経由で依頼する場合に比べて、手間が増える項目にはをつけてあります。

見積依頼~業者確定の流れ

1.見積依頼をする
まずは解体業者に見積りの依頼をします。知り合いの業者がいれば声を掛けてもいいですし、
インターネットやタウンページで近くの業者に声を掛けても良いでしょう。
また、最近は【解体業者の斡旋サービス】もありますので、そちらを活用するのも手です。

2.現地調査を受ける
見積りを作ってもらうために、解体業者に現場の調査をしてもらいます。
後々のトラブルをなくすためにも非常に重要です。

3.解体見積書を受け取る
解体業者から見積書を受け取ります。

4.ご契約
金額、工事内容が満足いくものであれば、工事請負契約書を交わします。

解体工事の届出~解体工事着工の流れ

5.建設リサイクル法・各自治体条例に基づく届出(解体業者にお任せ)
延べ床面積80㎡を超える家屋の解体工事の場合は、行政の届出が義務付けられています。
届出は家屋解体業者が行いますので、特にすることはありません。。

6.近隣住宅にお住まいの方へのご挨拶
解体工事が始まると、近隣住宅にお住まいの皆様にご迷惑をお掛けすることになります。
誰がするという決まりはありませんが、ご自身と解体業者で一緒に回ると良いと思います。

7.配線・配管等の撤去
ガス・電気・水道・電話などの配線の撤去の申請手続きをします。申請手続きが出来まし
たら専門業者による撤去作業が始まります。

8.解体工事
解体業者による解体工事を行います。

解体工事完了~その後の手続きの流れ

9.解体工事完了
解体工事完了後の現場の確認をしていただきます。

10.解体費用の支払い
工事の仕上がりが満足いくものであれば、解体費用を支払います。

11.建物滅失登記
建物滅失登記を行う事で、住宅の固定資産税は徴収されなくなります。滅失登記はハウス
メーカーの司法書士さんにお願いしても良いですし、ご自身で行うことも可能です。

進めてみると意外とあっさり

全体の流れを追うと少し大変に感じるかもしれませんが、実際にご自身で手配されたことによる余分な手間は、見積依頼、請負契約、完了時の現場確認の3つですから、実際に体験していただくと意外とあっさりと終わると思います。

ハウスメーカーや工務店での建て替えをされる方は「自分で手配できるのかな?ハウスメーカーに任せたほうが安心じゃないかな?」とご不安になると思いますが、建替え抜きに解体工事だけを行う方であれば、全てご自身で手配されているわけですから、決して怖いことではありません。


次回は施主手配の注意点に関してお話します。


 .

低価格でトラブルのない工事を実現できるのは
くらそうね解体だけ!是非私達にご相談ください。

見積もり後のお断りも大丈夫!

まずは紹介する優良業者をスタッフからご報告します。

匠スタッフ