解体業者と契約する前のテクニック(確認&値引き交渉)

解体工事の契約前テクニック

解体業者各社の見積りが出揃ってきたら、今までの対応等も含めて候補の業者が絞れてくると思います。

「対応も、値段も良いし、悪いこともしていなさそうだから、もうお願いしようかな。」
と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

でもちょっと待ってください。最後の最後でもうひと工夫注意することによって、きっと解体業者選びをもっと上手に行うことができます。今回は契約前のテクニックについてお話します。

ポイントその1:再度、見積書の内容と追加費用が出る可能性を確認する

見積書の内容に間違いがないか確認することはとても重要です。

お願いしてあった項目は含まれているか、よく見比べてみたら他社のほうが条件が良いということはないか、というようにしっかりと見直しをしてみてください。工事項目が一式になってしまっていて分かりづらい場合は、担当者に詳細項目を書き出してもらうようにしましょう。口頭でのやり取りではなく書面で残すことによって、「言った」、「言わない」のトラブルを防ぐことができます。

また、追加費用が出る可能性を確認することも重要です。

地中埋設物が出た場合は一般的に別途費用になることが多いですが、事前に「追加費用はかからない」と思い込んでしまっていると、後々気分が悪い思いをすることになります。見積書に明記してあればよいのですが、そうでない場合は担当者に確認しましょう。(長屋の解体工事の場合は、切り離し部分の養生費用、補修費用が含まれているかどうかでトラブルになることが多いので、さらに注意が必要です。)

ポイントその2:近隣挨拶、建設リサイクル法の申請は誰が行うかを確認する

見積書以外の条件もしっかりと確認しましょう。

「もしお任せした場合には、近隣挨拶は一緒に回ってもらえますか?」
「建設リサイクル法の事前申請は代行して行ってもらえますか?(法律上は施主の義務です)」
と確認することで、金額と同様に食い違いを防ぐことができます。

ポイントその3:ちょっぴり値切ってみる

その1、その2共に問題がなければ、いよいよ最後の【ポイント3:ちょっぴり値切ってみる】です。

解体業者は相見積りであっても、多少の値交渉に応じられるようにある程度ゆとりを含んだ見積りを出すことが多いです。今までに値段に関する要望を言ってこられたのであれば、余力が無い場合もあるのですが、そうでなければ交渉してみる価値はあります。

「対応もしっかりされているので、できればお任せしたいのですが、もう少し何とかなりませんか?(チラっと上目遣い^^)」
「どうしようか迷っているのですが、もうちょっと頑張ってもらえたら気持ちよく決めれるんですけど…(チラっと上目遣い^^)」
というように、嫌味の無い程度で是非交渉をしてみてください。

あまりしつこくして気分を害してしまってはいけませんが、少々のことであれば「何とか頑張ります!」と言ってくれる担当者もきっと多いことでしょう!

是非最後のひと踏ん張りをお願いして、より良い金額の提示を受けてくださいね。

※ちなみに、値引きの交渉は本当に業者を決めようと思ったときにだけ行うようにしましょう。
「もう少し値引いて下さいよ。まだ他の業者も検討しますけどね…。」という状況では、担当者にも真剣に取り扱ってもらえません。


 .

低価格でトラブルのない工事を実現できるのは
くらそうね解体だけ!是非私達にご相談ください。

見積もり後のお断りも大丈夫!

まずは紹介する優良業者をスタッフからご報告します。

匠スタッフ